地元のモノを食べよう

野菜を選ぶ主婦

エコ活動が広まった頃から
「地産地消」や「何km食べましたか?」など
こんなキーワードを広告や店頭ポスターで
見かけたことはないでしょうか?

この「地産地消」も「何km食べましたか?」も、
実は同じ意味を持った、エコ意識を高めるアドバイスです。

具体的に言えば、現在、日本人の食卓には、
あらゆる国からたくさんの食べ物が集まっていますよね。
それを意識して、改善することがエコに繋がる、
という呼びかけなんです。

食べ物を買うときに、どこで作られたものか見ていますか?

地元のものや国産品を選んで食べるようにすれば、
それだけの燃料費や輸送費を減らすことができます。
燃料からはたくさんのCo2が出ますから、
温暖化のためにも、使用量は減らさないといけません。

産地を見て、できるだけ近くの産地のものを選べたら
ムダに石油などの資源を使うこともないんですよね。

キケンだからとある特定の国のモノを避けるのとは違います。
地球のために、環境のために、家族や自分のために
産地を選んで買い物をすることは、とても重要なことなのです。

関連エントリー


 
Copyright (C) @エコポイント. All rights reserved