食事は食べる分だけ作る

食べ残し

お料理は、たくさん作ったほうが美味しいですし、
足りないよりは、多めのがいいと作るときに考えますよね。
味がしみるし、明日、明後日とちょっとラクするため
そんな理由もアリでしょう。(^^)

でも、エコの観点からみると、NGです。

例えば「食べ残し」。
多く作っても、保存のきかないものは、
食べ残しとして、ゴミになります。

ついついの「食べ過ぎ」も気になりますね。
健康のためにも、適当な量でお料理がなくなることも
食べすぎを防ぐもってこいの方法です。

それと「明日へ繰越」。
保存する時に、ラップやビニール袋を使いませんか?
これはプラスチック製品で、原料は石油です。
便利ですが、使い捨てで、資源に優しいとはいえません。

食事を一通り終えても、なんだか物足りない時は、
温かいお茶でも飲んで一息ついてください。
「お腹いっぱい!」という胃の信号は
脳へ届くのに20分ぐらいかかりますから、
次第に、もっと食べたい欲求は納まってきますよ。

関連エントリー


 
Copyright (C) @エコポイント. All rights reserved